本サイトはプロモーションが含まれています。

怪獣8号と進撃の巨人のパクリ疑惑を徹底検証!類似点と違いを解説

感想

怪獣8号と進撃の巨人のパクリ疑惑を徹底検証!類似点と違いを解説

漫画「怪獣8号」が「進撃の巨人」と似ていると感じたことはありませんか?

この記事では、「怪獣8号」と「進撃の巨人」に関するパクリ疑惑について詳しく検証します。

怪獣8号と進撃の巨人の設定やストーリー展開がどの程度似ているのか、具体的な要素を比較しながら解説します。

この件について疑問に思っている読者の方々にとって、本記事がその疑問を解消する一助となればうれしいです。

これからご紹介する内容を通じて、両作品の魅力と独自性を再確認していきましょう!

この記事でわかること

  • 怪獣8号と進撃の巨人が似ているとされる具体的なポイント
  • 両作品の主人公設定の違いと共通点
  • 日本防衛隊と調査兵団の組織設定の比較
  • 主人公の変身に伴う恐怖心の描写
  • 幼なじみが女性で強いキャラ設定の意義
  • 巨人と怪獣というテーマの類似性
  • パクリとは言い切れない要素の詳細
  • ストーリー展開の比較とその背景
  • 人間が怪獣や巨人に変身する設定の重要性
  • 仲間を助けるために正体を明かすシーンの意味
  • 力を制御できずに暴走する場面の描写
  • 人型で喋る怪獣と巨人の登場のインパクト
  • パクリ疑惑に対するファンの多様な意見と考察

怪獣8号の進撃の巨人パクリ疑惑の真相

まず始めにどんな点がパクリと言われてしまう要素なのかを確認していきましょう。

怪獣8号と進撃の巨人って似過ぎではないですか?

「怪獣8号」と「進撃の巨人」は、テーマや設定において多くの共通点があります。

例えば、両作品ともに巨大な存在(怪獣と巨人)と人間との戦いが描かれており、主人公が変身してその力を持つという点も似ています。

このため、読者の間で「似過ぎているのではないか?」という意見が頻繁に出てきます。

しかし、似ている点は多くても、それぞれの作品が持つ独自性や異なる要素もあり、単純に「パクリ」と断言することはできません。

怪獣8号と進撃の巨人の主人公設定の比較

「怪獣8号」の主人公カフカと「進撃の巨人」の主人公エレンには、共通点と違いがあります。

カフカは怪獣によって街を破壊され、日本防衛隊への入隊を志します。一方、エレンは巨人によって母親を殺され、調査兵団への入隊を志します。

両者ともに幼少期のトラウマが動機となっていますが、カフカは怪獣に変身することで日本を守る使命感を持ち、エレンは巨人になることで巨人を討伐する強い意志を示しています。

これにより、物語の進行やキャラクターの成長が異なる方向に展開されます。

日本防衛隊と調査兵団の組織設定の比較

「怪獣8号」の日本防衛隊と「進撃の巨人」の調査兵団は、それぞれの世界で巨大な脅威と戦う組織です。

日本防衛隊は最新の技術を駆使して怪獣を討伐することを目的としており、軍事的な組織構造と厳しい訓練が特徴です。

一方、調査兵団は巨人の領域を調査し、人類の生存圏を広げることを目的としています。

組織の目的や活動内容には共通点がありつつも、それぞれの戦い方や組織文化には大きな違いがあります。

主人公の変身とその恐怖心の描写

「怪獣8号」のカフカは、自分が怪獣に変身することに強い恐怖と葛藤を感じるシーンが描かれたことがあります。

怪獣の力を制御できるか不安に思い、周囲の人々に危害を加えることを恐れていました。

同様に、「進撃の巨人」のエレンも、巨人に変身することへの恐怖と、その力の制御に苦しみます。

エレンは明確な意思がなければ変身できないという設定があり、自分の意志と巨人の本能の間で葛藤します。

両者ともに、自身の変身能力に対する恐怖心と、それを克服するための努力が描かれています。

幼なじみが女性で強いキャラ設定

「怪獣8号」のヒロイン、亜白ミナは幼なじみであり、非常に強いキャラクターです。

彼女は防衛隊のエリートであり、日本防衛隊の第三部隊隊長というポジションについています。

一方、「進撃の巨人」のミカサもエレンの幼なじみであり、調査兵団の中でも屈指の戦闘能力を持つキャラクターです。

ミカサはエレンを守るために戦い続け、彼に対する強い絆を持っています。

両者ともに、主人公を支える強力な幼なじみとして描かれていますが、それぞれの物語の中で独自の役割と成長を見せます。

巨人と怪獣というテーマの類似性

「怪獣8号」と「進撃の巨人」では、巨大な敵である怪獣と巨人が中心的なテーマとなっています。

これらの存在は、人間の力では対抗し難い圧倒的な脅威として描かれます。

また、巨大な存在が引き起こす絶望感や、その脅威に立ち向かう人々の姿勢が共通しています。

しかし、「怪獣8号」は都市破壊や防衛隊の活躍に焦点を当てているのに対し、「進撃の巨人」は人類の存続と巨人の謎解きに重点を置いています。

これにより、同じテーマを扱いつつも異なる物語が展開されます。

パクリとは言い切れない要素も存在

「怪獣8号」と「進撃の巨人」は似ている要素が多いものの、独自性も多く含まれています。

例えば、「怪獣8号」は怪獣災害後の日本を舞台にした社会的なテーマや、怪獣の後始末をするという独特の視点が特徴です。

一方、「進撃の巨人」は人類存続の危機や、巨人の謎を解き明かす壮大なストーリーが特徴です。

これらの点から、両作品はそれぞれ独自の魅力を持っており、単なる「パクリ」とは言い切れない複雑な要素があります。

『怪獣8号』はパクリすぎ?進撃に似ている部分を徹底調査

続けて似ていると言われている部分についてもう少し深堀していきましょう!

ストーリー展開の比較とその背景

「怪獣8号」と「進撃の巨人」のストーリー展開には多くの共通点がありますが、背景には大きな違いがあります。

「怪獣8号」は怪獣災害後の日本を舞台にし、怪獣との戦いと共に社会復興の過程も描かれます。

一方、「進撃の巨人」は巨人によって閉じ込められた人類が外の世界を探求し、生存のために戦う姿が描かれます。

これにより、同じような設定でも異なる視点やテーマが展開され、物語に深みが増しています。

人間が怪獣や巨人に変身する設定

「怪獣8号」では主人公カフカが怪獣に変身することで、その力を利用して怪獣と戦います。

同様に、「進撃の巨人」ではエレンが巨人に変身し、巨人と戦う力を得ます。

両作品ともに、人間が巨大な存在に変身するという設定は共通していますが、その背景や設定には違いがあります。

カフカの変身は怪獣細胞によるものであり、エレンの変身は巨人の力を受け継ぐものです。

これにより、それぞれの変身には異なる意味と展開が付与されています。

仲間を助けるために正体を明かすシーン

カフカが正体バレするシーン

「怪獣8号」では、カフカが仲間を助けるために自らの正体を明かし、怪獣に変身するシーンがあります。

この場面は、仲間への信頼と自分の力を受け入れる決意を示しています。

同様に、「進撃の巨人」でもエレンが仲間を救うために巨人に変身し、自らの正体を明かす場面が描かれています。

これにより、両作品ともに主人公の自己犠牲と仲間への思いが強調され、物語に緊張感と感動を与えています。

怪獣8号カフカの正体バレ
【ネタバレ】怪獣8号の衝撃!カフカの正体がバレる瞬間

「怪獣8号」のファンの皆さん、注目!カフカの正体がついに明らかになる瞬間が、32話および33話で描かれ、その衝撃の展開がファンの間で大きな話題になっています。SNSやWEB上の口コミを調べた結果、特に ...

続きを見る

力を制御できずに暴走する場面

「怪獣8号」のカフカは、怪獣の力を制御できずに暴走する場面があります。

これは彼の未熟さや怪獣の力の恐ろしさを象徴しています。

一方、「進撃の巨人」でもエレンが巨人の力を制御できずに暴走する場面があり、巨人の力が持つ危険性を示しています。

両作品ともに、主人公が自分の力に振り回される姿を描くことで、力の重さとその扱い方についてのテーマが浮き彫りにされています。

人型で喋る怪獣と巨人の登場

「怪獣8号」では、人型で喋る怪獣が登場し、その存在が物語に新たな展開をもたらします。同様に、「進撃の巨人」でも、喋る巨人が現れるエピソードがありました。

例えば、イルゼ・ラングナーの回で登場する喋る巨人は、巨人の謎をさらに深める役割を果たしています。

両作品におけるこの要素は、巨大な敵がただの無機質な存在ではなく、知性や意思を持っていることを示唆しており、物語に一層の深みを与えています。

パクリ疑惑に対するファンの意見と考察

「怪獣8号」と「進撃の巨人」に関するパクリ疑惑について、ファンの意見はさまざまです。

一部のファンは、設定や展開が似ていることから「パクリではないか」と感じる一方、他のファンは「オマージュ」として捉えています。

また、物語の核心やキャラクターの成長、独自のテーマが異なることから、単なる模倣ではないという意見もあります。

これらの考察は、作品をより深く理解し楽しむための一助となるでしょう。ファンの間での議論は、作品の魅力や深さを再確認する機会ともなっています。

怪獣8号と進撃の巨人のパクリ疑惑まとめ

それではこの記事で紹介した内容をまとめていきましょう。

ポイント

  • 怪獣8号と進撃の巨人の設定の類似性に注目されている
  • 両作品の主人公が巨大な存在に変身する
  • 幼なじみの女性キャラが強い設定
  • 日本防衛隊と調査兵団という組織の存在
  • 主人公が討伐対象の存在に変身する
  • 主人公が仲間を助けるために正体を明かす
  • 巨大生物をテーマとする物語
  • 物語の展開が似ている点が多い
  • 巨人と怪獣が人間に変身する設定の共通点
  • 力を制御できずに暴走する場面がある
  • 人型で喋る怪獣と巨人の登場
  • 敵による町の破壊が物語のきっかけ
  • 主人公が特定の組織に入隊を志す
  • パクリ疑惑があるがオマージュとの意見もある

このような感じとなりました!

よくよく見ている人は同じと感じる部分も多いかと思いますが、それぞれの作品に独自の部分も存在しており単純にパクリとは言えないのではないでしょうか!

怪獣8号はまだ物語も完結していないので今後の展開も注意深くチェックしていく必要もありそうです。

ここまでご覧頂きありがとうございました!

-感想