本サイトはプロモーションが含まれています。

怪獣8号カフカの正体バレ

キャラ ストーリー

【ネタバレ】怪獣8号の衝撃!カフカの正体がバレる瞬間

「怪獣8号」のファンの皆さん、注目!カフカの正体がついに明らかになる瞬間が、32話および33話で描かれ、その衝撃の展開がファンの間で大きな話題になっています。SNSやWEB上の口コミを調べた結果、特にカフカとスターレイルの関連性に注目が集まっていることが明らかになりました。本記事では、これらのエピソードのネタバレと、カフカの正体に関するファンの反応を詳細にまとめています。

スターレイルとは

「怪獣8号」の世界観には、「崩壊スターレイル」という重要な概念が登場します。スターレイルとは、宇宙空間に存在する巨大な生物で、時折地球に現れて大きな被害を引き起こします。

怪獣8号カフカの正体がついに明らかになる瞬間が、コミック4巻31話で描かれ、その衝撃の展開がファンの間で大きな話題になっています。

本記事では、これらのエピソードのネタバレと、カフカの正体に関するファンの反応を詳細にまとめています。


この記事のポイント

  • 「怪獣8号」31話でカフカの正体が明らかになる展開を理解できる
  • ファンの間でのカフカの正体バレに対する賛否両論を把握できる
  • 物語の今後の展開に関するファンの予想や期待を理解できる

『怪獣8号』は原作で読み込んで、その世界観を深掘りしましょう!

【全巻】怪獣8号 1-12巻セット (ジャンプコミックス) [ 松本 直也 ]

 

怪獣8号の正体がバレるシーンと経緯

ミナに怪獣8号の正体が日比野カフカであるということは、コミック4巻の第31話でバレてしまいます。

なぜミナはカフカが怪獣8号だと気が付いてしまったのでしょうか?

そのシーンを詳細に見ていきましょう。

第3部隊が怪獣10号達に襲われ大ピンチ

防衛隊第3部隊がいる立川基地に、複数の怪獣が突如現れます。

主人公を除き、敵としては作中2体目の識別番号のつけられたフォルティチュード8.3の怪獣10号が、多くの本獣レベルを従えて登場してきて、これまでにない規模で襲撃してきたシーンです。

隊員たちは応戦しますが、多くの怪獣らに苦戦を強いられます。

当初メインで食い止めていたのは、副隊長の保科宗四郎と隊員になったばかりにもかかわらずエース級のキコルです。

他の隊員はなかなか傷をつけられずにいたのですが、カフカは怪獣清掃業での経験をフル活用し、周りに弱点を伝えると、有効に攻撃が決まるようになってきます。

保科宗四郎が十分に時間稼ぎをしたところに、隊長の亜白ミナが到着し、巨大化した怪獣10号を相手に、ミナ、宗四郎、キコルの連携で倒すことに成功します。

怪獣8号対保科のアイキャッチ
怪獣8号の怪獣10号と保科副隊長との激戦とその結末

怪獣8号の中でも特に注目を集める怪獣10号と保科副隊長の戦闘シーンは、多くのファンにとって見逃せない重要なエピソードです。 この記事では、怪獣8号の中で繰り広げられる怪獣10号との戦闘について、詳細に ...

続きを見る

ピンチを救ったことでついに正体バレ

一安心かと思いきや、怪獣10号は倒れる前に超巨大余獣爆弾を仕掛けていました。

絶体絶命となりましたが、ここでカフカが動きます。

周りの隊員が驚くほどの脚力を見せ、怪獣8号に変身します。

その状態で余獣爆弾のもとまで飛んでいき、パンチ一発で跳ね返し窮地を救ったのです。

窮地を救ったにもかかわらず、その場でミナによって怪獣8号は捕らわれてしまいます

これが怪獣8号の正体がばれたシーンです。

これまでにも怪獣に襲われた親子を救うためや、キコル、レノ、伊春の瀕死のところに駆けつけるなど、何度か怪獣8号に変身しては正体を隠し通してきましたが、多くの隊員を救うために、ついにバレてしまったのです。

 

怪獣8号のカフカが正体バレしたその後

ついに正体がばれ、別の意味でピンチに陥ったカフカですが、その後どうなったかを紹介します。

防衛隊本部への引き渡し

幼馴染のミナが隊長の第3部隊に拘束されたカフカは、防衛隊本部に引き渡されます。

自分を信じてくれるレノやミナの気持ちに応えようと、カフカは覚悟を決めます。

識別怪獣である怪獣8号は当然殺処分の判断をされますが、過去に自分を救ってくれて正体を知っているキコルは処分の結界を直談判しに行っています。

防衛隊長官・四ノ宮功との対峙

防衛隊本部キコルの父であり、防衛隊史上最強と言われる四ノ宮功と対面し、会話ではなくいきなり攻撃を浴びせられます。

四ノ宮功の使用する専用武器「FS-1002」は、通称ナンバーズ2と呼ばれている識別怪獣兵器で怪獣2号から作られています。

【怪獣8号】防衛隊長官-四ノ宮功の秘密!圧巻の武器と能力を徹底解説

怪獣が人の生活を脅かす世界線にある怪獣8号ですが、この世界には怪獣討伐を専属とした日本防衛隊が結成されています。 その防衛隊の長官であるキャラクターが四ノ宮功であり、現役時代では史上最強戦力とも言われ ...

続きを見る

彼から怪獣2号の気配を感じると、カフカの中にいる怪獣が暴走してしまいます。

カフカは必至で暴走に抗い、最後は自分の核を攻撃し、暴走を止め気を失いました。

怪獣8号が防衛隊の強力な戦力となる

通常、討伐された大怪獣は識別怪獣(ナンバーズ)として使用されることになるのですが、四宮功は自我をコントロールできたカフカを、防衛隊の戦力として、カフカにチャンスを与えることにしました。

カフカもまた、この長官の言葉に強い意志を見せていました。

周りの多くの反対意見に関わらず、また怪獣に最愛の妻の命を奪われたにも関わらず、長官としてこの判断をした四ノ宮功、彼もまたこの怪獣8号という作品において、非常に重要なキャラクターの一人です。

第1部隊に所属し鳴海弦の元で行動する

四ノ宮功の命令で、第1部隊に所属することになったカフカ。

第1部隊の隊長である鳴海弦は当初、怪獣8号を兵器化し自身で使うことを提案していましたが、徐々に隊員として認められていきます。

 

ここまでが、怪獣8号の正体がカフカであることがバレてしまった経緯とその後です。

何度もピンチになりながら、カフカが主人公らしさを見せ、味方にも徐々に認められていくところは、王道ストーリーとして楽しめるところですね。

 

怪獣8号の正体がバレたことに対してのファンの反応

まだ正体がバレるシーンはアニメでは放送されていないので、まだ多くのコメントは上がっていませんが、その中でも多くはカフカのその場での瞬時の判断や勇気を称えるものでした。

その他には下記のようなものもあったので紹介しますね。

  • こんなに早くバレるとは思っていなかった
  • 間違いなく正体がバレるのを分かっていて、ノータイムで返信するカフカが好き
  • その場で殺処分されなくてよかった
  • 正体を知っていたレノやキコルに処分はなかったのか
  • ナンバーズになったらどんな特殊能力になるのか気になる
  • 拘束指示を出さなくてはいけないミナの心情が…

アニメでこのシーンが放送されたらすごい反響になりますね。それも楽しみです。

 

カフカの運命を見届けよう!『怪獣8号』の全巻セットを今すぐチェック!⇩

created by Rinker
¥7,172 (2024/07/18 09:56:28時点 楽天市場調べ-詳細)

 

怪獣8号の衝撃!カフカの正体がついにバレる瞬間:まとめ

まとめます。

  • コミック4巻の第31話で正体がバレる
  • 超巨大余獣爆弾から隊員たちを救うも、その場で正体がバレる
  • 正体がバレた後、第3部隊に拘束され本部へ輸送される
  • 四ノ宮長官の攻撃を受けるが、暴走をコントロールし生き延びる
  • 殺処分は免れ、第1部隊で行動をする

この記事では、「怪獣8号」の中でカフカの正体が明らかになる重要な展開について詳しく紹介しました。

正体はバレてしまいましたが、この後カフカは仲間と共に成長し、活躍していうので、引き続き楽しんでいきましょう。

読者の皆様、この記事を読んでいただきありがとうございました。

-キャラ, ストーリー