本サイトはプロモーションが含まれています。

未分類

『ひとひとがみ日々』あらすじ- 忘れ去られた田舎町ミツカドの神々ともののけの物語

日常には、見過ごされがちな小さな奇跡や、ふとした瞬間に心を動かされる出来事が溢れています。

でも、忙しい毎日の中で、これらの瞬間を見つけることはなかなか難しいものです。

『ひとひとがみ日々』は、そんな日常の中に隠された特別な瞬間を描いた物語です。

この記事を通じて、なぜ日々の中で心を動かす瞬間を大切にすべきなのか、その価値と意味に焦点を当ててみたいと思います。

田舎町ミツカドの静かで穏やかな日常が、実は神々ともののけの秘密に満ちていることを知っていますか?この物語では、見た目は普通の少女である主人公・菊を中心に、彼女と神々、もののけたちとのふれあいを通じて、生命の尊さや共生の大切さを伝えます。

この物語は、ただのファンタジーではありません。

私たちの日常と重なる部分が多く、「ひとひとがみ日々 あらすじ」を知ることで、自分たちの生き方や、周りとの関わり方について考える機会を得られます。

神々ともののけが共存するこの物語は、誰もが持つ悩みや不安、そしてそれを乗り越える強さと優しさについても教えてくれます。

忘れ去られた田舎町ミツカドで繰り広げられる神々ともののけの物語は、読む人の心に深く響くことでしょう。


この記事のポイント

  • 『ひとひとがみ日々』の基本的な物語構造と主なキャラクターについて理解できる
  • 田舎町ミツカドがどのような場所で、なぜ特別なのかがわかる
  • 神々ともののけ、そして人間との関係性とその複雑さについて学べる
  • 日常生活の中での小さな奇跡や共生の価値について考えるきっかけを得られる

「ひとひとがみ日々(にちにち)」のあらすじ

『ひとひとがみ日々』は、忘れ去られた日本の田舎町「ミツカド」を舞台にした、ユニークな神々ともののけの物語を描く漫画作品です。この平和な町には、人間に姿を変えることができる神々と、様々な命がもののけに変わった存在たちがひそかに共存しています.

物語の中心には、以下の四人の神が登場します:

  • 菊(キク): 主人公で、見た目は普通の少女だが、実は力弱い神です。
  • イシ、クラ、ヤネ: 個性豊かな青年神たちで、菊と共に様々なもののけと向き合っていきます。

ある日、これらの神々は突然人間の姿になり、その体の一部をもののけが食べることで強化や回復効果をもたらせるが、食べ過ぎると爆発するというリスクを抱えています。

もののけには二つの種類があり、一つは草木や獣など命あるものが、もう一つは土や石、自然現象がそれぞれ意思を持って変貌した存在です。

菊たちは、次々と現れる悪いもののけを退治する役目を負っています。

菊はその中でも特に力が弱いが、イシ、クラ、ヤネの支えと、もののけとの交流を通じて、彼女は徐々に自分の力と向き合い、成長していきます。

『ひとひとがみ日々』は、神ともののけ、そして人間との間に生じる複雑な関係を描き出し、忘れ去られた田舎町ミツカドで繰り広げられる小さな奇跡と日常の物語を通じて、生命の尊さや共生の大切さを問いかけます.

この魅力的な漫画は、サンデーうぇぶりのウェブ漫画として無料で読むことができます。

ひとひとがみ日々 あらすじ見出し1

「ひとひとがみ日々(にちにち)」作者について

『ひとひとがみ日々』の作者は古山フウさんです。この漫画は、サンデーうぇぶりのウェブ漫画として無料で読むことができます。現在は4話まで読めるので、興味があればぜひチェックしてみてください。

「ひとひとがみ日々(にちにち)」詳細

『ひとひとがみ日々』は、古山フウさんによって描かれたウェブ漫画で、日本の田舎町「ミツカド」を舞台にしています .

以下に、物語の詳細をさらに掘り下げてみましょう:

  1. 登場人物:
    • 菊(キク): この物語の主人公で、見た目は普通の少女ですが、実は力弱い神です。彼女は神々ともののけと共に、町の平和を守る役目を果たします。
    • イシ、クラ、ヤネ: 菊と共に行動する青年神たちで、それぞれ個性的な特徴を持っています。
  2. もののけと神々の共存:
    • ミツカドには、人間に姿を変えることができる神々と、様々な命がもののけに変わった存在たちがひそかに共存しています。神々は人間の姿になり、もののけが食べることで強化や回復効果をもたらせるが、食べ過ぎると爆発するというリスクを抱えています。
    • もののけには二つの種類があります。一つは草木や獣など命あるものが、もう一つは土や石、自然現象がそれぞれ意思を持って変貌した存在です。
  3. 菊の成長:
    • 菊は力が弱いが、イシ、クラ、ヤネの支えと、もののけとの交流を通じて、徐々に自分の力と向き合い、成長していきます。
  4. テーマ性:
    • この漫画は、神ともののけ、そして人間との間に生じる複雑な関係を描き出しています。また、忘れ去られた田舎町ミツカドで繰り広げられる小さな奇跡と日常の物語を通じて、生命の尊さや共生の大切さを問いかけています。

『ひとひとがみ日々』のキャラクター

『ひとひとがみ日々』のキャラクターたちは、ユニークで魅力的な特徴を持っています。以下に、物語の中心となるいくつかのキャラクターを紹介します:

  1. 菊(キク):
    • 主人公で、見た目は普通の少女ですが、実は力弱い神です。
    • 菊は神々ともののけと共に、町の平和を守る役目を果たします。
    • 彼女は自分の力に向き合い、成長していく過程で感情豊かな一面も見せます。
  2. イシ、クラ、ヤネ:
    • 菊と共に行動する青年神たちです。
    • それぞれ個性的な特徴を持っており、物語を盛り上げています。
  3. もののけと神々の共存:
    • ミツカドには、人間に姿を変えることができる神々と、様々な命がもののけに変わった存在たちがひそかに共存しています。
    • もののけには二つの種類があり、一つは草木や獣など命あるものが、もう一つは土や石、自然現象がそれぞれ意思を持って変貌した存在です。

これらのキャラクターたちは、神秘的で奇妙な世界で繰り広げられる物語を彩っています。『ひとひとがみ日々』は、生命の尊さや共生の大切さを問いかける作品として、読者を魅了しています 。

「ひとひとがみ日々(にちにち)」公式ページはこちら

ひとひとがみ日々 あらすじ見出し2

『ひとひとがみ日々』あらすじ- 忘れ去られた田舎町ミツカドの神々ともののけの物語:まとめ

まとめます。

  • 『ひとひとがみ日々』は、日本の田舎町「ミツカド」を舞台にした漫画作品である
  • 人間に姿を変えることができる神々ともののけが共存している
  • 主人公の菊を含む四人の神が物語の中心である
  • 神々は人間の姿になり、もののけが体の一部を食べることで強化や回復が可能である
  • もののけには、生命あるものと自然現象が変貌した二種類が存在する
  • 菊は力が弱いが、他の神やもののけとの交流を通じて成長していく
  • 神ともののけ、そして人間との間の複雑な関係を描いている
  • 生命の尊さや共生の大切さをテーマにしている
  • サンデーうぇぶりのウェブ漫画として無料で読める
  • 現在は4話まで公開されている

『ひとひとがみ日々』は、神々ともののけ、そして人間が織り成す奇跡と日常の物語を通じて、読者に生命の尊さや共生の重要性を伝えています。 興味がある方はぜひこの魅力的な作品をチェックしてみてください。読んでいただき、ありがとうございます。

-未分類